膨大な量の計算能力が求められる

 近年の中学受験の計算問題の傾向は、膨大な量を計算する必要があります。四則演算の基礎をしっかりと築いておくことが大切です。算数という科目は、暗記科目ではありませんので、数多くの演習問題を解くことでトレーニングをしておく必要があります。しかし、他の応用問題と比較すると、計算問題は難易度が低いため、計算問題にて点数を稼ぐという姿勢は大切です。

 受験を成功させるためには、計算を極力早く、正確にする必要があります。正確に計算できないと、応用問題についても正解にたどり着けず、子どもの心情としては、どうやっても正解にたどり着けない事による失望感で、算数の学習意欲がなくなってしまうのです。

 多くの場合中学受験は長い期間学習し続けます。算数に取り組む心がけとしては、簡単なレベルの計算問題から取り組むことで、小さな達成感の積み重ねの経験を積むことが大切です。このような正解にたどり着けたことによる爽快感や達成感を味わうことで、算数に取り組むためのモチベーションが上がります。計算問題を解く場合も、応用問題を解く場合もその根底として計算力は欠かせません。算数の得点を左右するのは、計算力と言っても過言ではありません。