計算問題は算数の重要な得点源

 中学受験の算数の問題では、難解な文章題や図形問題も扱われますが、どこの学校でも必ず計算問題は出題されるはずです。学校によっては1、2題だけと少ないところもあります。それなら1題ぐらい間違えても大丈夫と思うかもしれませんが、中学受験では計算問題などの基礎問題はきちんと得点することが重要です。受験生の実力は拮抗しています。中学受験の場合、同じくらいのレベルの生徒同士が、合格を取り合う状況です。そのため、その1題分の点数が合否を左右することもあるのです。塾講師は、計算問題の大切さを、きちんと受験生に教えましょう。

 計算問題を速く正確に解くためには、ひたすら練習あるのみです。毎日少しずつでいいので、受験生に取り組む癖をつけさせましょう。塾講師は時折、計算問題を解く過程も見てあげてください。割り算や掛け算など、汚い字で書いているために桁を間違えてミスをする受験生も多いです。速く解くことも大事ですが、綺麗に、正確に書くよう声をかけてあげましょう。また、解く過程をきちんと書くことも大切です。問題用紙が真っ白の受験生には、途中の計算結果を書くよう指示します。それにより、計算問題の見直しで間違いを発見しやすく、また間違っていても直しやすいのです。